笑顔でナヒーン!〜ゼロワンカレーオフィシャルBLOG

大阪市中央区谷町4丁目にある南インド料理店ゼロワンカレー。旅の記録とかインド料理についてとか営業に関するお知らせとか。

秘境へGO!〜メガラヤ州チェラプンジとノングリアット村

茶園訪問と野生動物を満喫し、再度グワハティに到着した我々。

 

ある程度目的は果たしたものの、まだ帰国の便まで日数がある。さてどうしよう…

 

…というわけで、

 

 f:id:zeroonecurry:20180315211456j:image

《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

 

f:id:zeroonecurry:20180315211358j:image

 《罠の橋/Ensnaring Bridge》

 

f:id:zeroonecurry:20180315212733j:image 

《森林地の小川/Woodland Stream》

 

 秘境に行って参りました!笑

 

f:id:zeroonecurry:20180315212900p:image

 赤い点らへん

 

 東インド・メガラヤ州。バングラデシュとの国境に接するこの州は、ほぼ全域が標高1000m以上の高地ないし山岳地帯。

カシ族という民族が住む土地で、言語もカーシー(カシ語)…

さすがは広大な国土を有するインド、行くアテには困りません。ていうかここインドなの??

 

f:id:zeroonecurry:20180315213809j:image

ジープのすし詰め

 

移動手段はこれ。現地ではSUMO(スーモ)と呼ばれる乗り合いジープ。

これに乗り、まずはチェラプンジという町を目指します。

 

 f:id:zeroonecurry:20180316031143j:image

ジープ内部もすし詰め

 

上の画像のように、一台のSUMOに大体10〜12人くらい(運転手抜きで)くらい詰め込んで発車するんですけど、ここでまさかの出来事が…

 

f:id:zeroonecurry:20180316031634j:image

新メンバー。

 

パーティーが増えました笑

 

紹介します。画像中央の方は、イタリア出身シドニー在住のRENATO-san(ルェナトさん)。

同じSUMOに乗り込んだのがきっかけで、しばし道中を共にすることに。

 

f:id:zeroonecurry:20180316032122j:image

 蝶使い?

 

目的地が同じということもあるけど、何より意気投合したのが、僕もRENATO-sanも同じ料理人だということ。

 

f:id:zeroonecurry:20180316033358j:image

情報収集中

 

現在はシドニーのレストランで働いていて、パスタの専門店を持つのが夢。

そしてなんとRENATO-sanの彼女さんも、うちの嫁さん同様にパティシエールなんだとか!

道中ずーっと、料理かもしくはビールの話してました笑

 

f:id:zeroonecurry:20180316035012j:image

高い所から撮影

 

さて、SUMOを乗り継ぐこと約6時間。我々はなんとかチェラプンジに到着!

上の画像の通り、荒涼とした高原にある小さな町です。

 

f:id:zeroonecurry:20180316035311j:image

ゴルフとかもあるのか…

 

着いて早速、RENATO-sanが興味深い看板を発見。

1番下の欄に「Panoramic view of Bangladesh」と書かれてあります。つまり…

 

f:id:zeroonecurry:20180316035623j:image

たたずむ嫁はん

 

この景色、ぜーんぶバングラデシュ!!

 

f:id:zeroonecurry:20180316040455j:image

《梢の眺望/Canopy Vista

 

昼間はこんな感じですが…

f:id:zeroonecurry:20180316040549j:image

《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》

 

明け方に来ると、バングラデシュ側から朝日が昇る!

めっちゃ綺麗!

 

f:id:zeroonecurry:20180316035945j:image

《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》

 

 ガチャガチャしたイメージのインドですが、やはりその国土が有する自然はものすごくて、日本の景色にはないスケールを見せてくれます。

上の写真の荒地も、何にもない場所なのに何時間でも居られる…!

空気も綺麗で澄んでいます。

 

景色を見ていると、お腹が空いてきたので…

 

f:id:zeroonecurry:20180316100455j:image

家か店か区別がむずい…

 

折角なんで… 

 

f:id:zeroonecurry:20180316100326j:image

超ノンベジ

 

カシ族の料理を食べてみることに!

カシ族のほとんどはキリスト教徒。宗教的タブーが無いこともあってか、牛、豚、鶏、魚なんでも食べます。

上の画像のは、お米の上にトマトの煮込みと牛肉の煮込み、豚のモツ(!の煮込みを載せたもの。

 

…なんですけど、この料理…全体的にスパイス(にんにく、玉ねぎ、生姜含む)があんまり使われてない…つまり臭みが全く消えてないわけで…美味しいかと言われると正直…苦笑

ここチェラプンジはシナモンの一大産地らしく、かろうじてほのかにシナモンの香りもする…が、臭みはそのままでしたorz

 

f:id:zeroonecurry:20180316125257j:image

 おばちゃんごめんね!

 

 

RENATO-sanも、流石にちょっと苦笑い。

3人で宿に戻り、明日に備えて就寝!

ノングリアット村という、徒歩でしか行けない秘境の村を訪ねるべく、体力を温存する我々であった!

 

 

http://zerooneyome.hatenablog.com/entry/2018/03/13/230107

嫁視点ブログもあります!

嫁はんは我々よりもカシ料理を受け付けなかったようで…笑