笑顔でナヒーン!〜ゼロワンカレーオフィシャルBLOG

大阪市中央区谷町4丁目にある南インド料理店ゼロワンカレー。旅の記録とかインド料理についてとか営業に関するお知らせとか。

広島市の.comm(ドットコミュ)さんところで、ゼロワンオリジナルソーセージを作ったよ!の巻〜中編

↓↓前回の続き↓↓

フェスイベント「森、道、市場」にて、広島市「.comm(ドットコミュ)https://dot-comm.info」さんより、オリジナルソーセージ作りの提案をいただいたゼロワンカレー店主。

果たしてそのアイデアとは!?

 

 

f:id:zeroonecurry:20180524130245j:image

f:id:zeroonecurry:20180524130256j:image

平和とお好み焼きの町

 

はいっ。というわけで、広島に到着しました!

例のお話を受けたのが5/12でしたからね。僅か一週間ちょっと後にはもう広島に行くっていう笑

まあ善は急げということですね、多分。

 

f:id:zeroonecurry:20180524130618j:image

ロゴ発見!

 

夜行バスで難波から一晩。

その後、市電を乗り継いで西観音町で下車。

5分ほど歩いたところに、ドットコミュさんの工房があります。

 

「いらっしゃい!」と快く出迎えてくれるシカさん。

 

f:id:zeroonecurry:20180524131117j:image

鹿、栽培中(嘘)

 

と同時に、エントランスにて大量の鹿の角と頭蓋骨がお出迎え!

 

f:id:zeroonecurry:20180524132310j:image

凄く…ガチムキです…

 

あとこれがフライヤーの画像。ヤバい。どうかしてる(褒め言葉的意味で)。

シカさん(左)とノム兄(右)…なんですけど、この筋肉見せられた上に、猟銃で武装とかどう考えてもオーバーキル。

地上最強?地上最強の生物なのか?この御二方は。

店のファーストインパクトもめっちゃ強い!笑

 

f:id:zeroonecurry:20180524132100j:image

く…黒い!?

 

「じゃあまずはこれを試食してみて!」と早速出してくれたのは、何やら真っ黒なソーセージ…なんじゃこら?

早速ボイル&ソテーしてもらい、恐る恐る齧ると…美味い!

 

鹿肉の濃い風味がガツンと来て、その奥に深いコクと…馴染みのない、でも香ばしい風味が!?

 

実はこれ、イカスミとトマト、それにマカを練りこんであるソーセージで、なんとシカさん行きつけの理容室とのコラボソーセージとのこと。飲食店だけじゃなく理容室ともコラボ!?面白いっ!

 

f:id:zeroonecurry:20180524133950p:image

https://dot-comm.info/product/【男の活力・マカ】-オールブラックス

 

ちなみに↑のドットコミュオンラインショップで購入可!

男の活力か…なるほどねぇ(意味深)

 

試食でもまんまと度肝を抜かれた我々ですが、しかし僕の脳裏には、一週間前から離れないあるアイデアがありました。

 

f:id:zeroonecurry:20180524134927j:image

そこはかとない違和感。

 

まずはこちらをご覧下さい。肉屋のアンマー(おかみさん)が手にしてるのは、紛うことなきソーセージ。

そう。インドには、植民地時代にもたらされた伝統的なソーセージがあるんです!

 

その名も「Goan sausage(ゴアン ソーセージ)」!

「インドには…」と言っても、その名の通り南インド・ゴア州にだけ伝わる、超ローカルでマニアックな料理。

 

当時、多くの地域がイギリスの支配下に置かれる中、ゴア州とその周辺地域だけは唯一のポルトガルの領地となり、その際にもたらされたものと思われます。

 

「これを日本で再現、販売してる人なんているだろうか?いや、いないに違いない!(反語)」

 

はっきり言ってドットコミュさん側からしてみると無茶振りもいいとこだと思いますが笑

しかし、シカさんにこの話を持ちかけたところ、なんと二つ返事で快諾!

「早速工房で試作しましょう!」との事で今日に至った次第であります。本当に感謝です!

 

さて次回は、いよいよオリジナルの「ゴアン・ソーセージ」の試作に入ります。

互いに未知の味づくり…果たしてどうなるのか!?

 

乞うご期待!(つづく)