読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南インドとアジアとゼロワンカレーと

大阪市中央区谷町4丁目にある南インド料理店ゼロワンカレー。旅の記録とかインド料理についてとか営業に関するお知らせとか。

ゼロワンカレー南インド研修〜南インド編④

↓↓前回記事↓↓

http://zeroonecurry.hatenablog.com/entry/2017/03/24/180135

 

フォートコーチン近郊の都市、エルナクラム。

 

f:id:zeroonecurry:20170326005159j:image

 

経済的な発展も目覚ましい、コーチン周辺の中心都市とも言える街。

 

フォートコーチンは、ざっくり言うとこのエルナクラムの沖合に付帯する島にある街なので…

 

f:id:zeroonecurry:20170326005418j:image

 

移動手段はこれ!ジェッティーと呼ばれる高速ボート!

1人あたり、たったの6ルピー(約12円)!安いし早い!

ジェッティースタンドと呼ばれる船着場から、だいたい15分感覚で出ています。

(島といっても橋はあるので、エルナクラム行きのバスもあります。行く場所によってはバスのほうが便利な場合も。)

 

この日のお昼はここ…

 

f:id:zeroonecurry:20170326010734j:image

 

グランド・ホテル!

エルナクラム・サウス駅からもほど近い中〜高級ホテルなのですが、ここのレストランはいつも地元の人々で賑わう盛況ぶり!

 

f:id:zeroonecurry:20170326011026j:image

 

こういうレストランは基本的に味は折り紙つき。

中でもここのケララ料理は、州内で比べてもトップクラスだと思います。

今のところ、毎年通ってますし(笑)

 

f:id:zeroonecurry:20170326011627j:image

これは、ここの名物の「クレイポッド・ビリヤニ」!

その名の通り、素焼きの壺で蒸し焼きにされてサーブされるビリヤニ

 

f:id:zeroonecurry:20170326012712j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170326073011j:image

具材はフィッシュをチョイス!

グレイビーと魚の旨味が絡んで、美味い美味い。

前々回の記事で書いたケララ式のビリヤニなんですけど、こちらはギー(ざっくり言うとインドの澄ましバター)もたっぷり使っていて、かなりリッチなテイスト。

お米はバスマティライスではなく、地元でよく食べられる粒の小さなインディカ米を使っているのもここの特徴。小粒のお米だと、グレイビーとの絡みもより一層良い!

 

f:id:zeroonecurry:20170326074613j:image

カレーはスパイシーなマトンマサラをチョイス!

骨つきマトンで、筋がトロトロ!

スパイシーながらも甘味のあるテイストなので、これまたいくらでも入ります。

 

f:id:zeroonecurry:20170326074803j:image

 

ケララに来たら是非食べておきたいのがこれ!

ミーン・ポリチャットゥ !

ミーン=魚。

ポリチャットゥというのは、マラヤラム語ケララ州の公用語)で、バナナの葉っぱに包んで蒸し焼きにする調理法のことを指します。

 

新鮮な魚介が獲れるケララならではの一品。

酸味と甘みのきいたグレイビーと、ホロっとした魚の身が絡まって、これも絶品。

 

これだけ頼んでも、すんなりペロッとイケてしまうのがここの料理の不思議なところ。

 

f:id:zeroonecurry:20170326075739j:image

 

ビシっと決まったドアマンのおっちゃん!!

ビリヤニと並ぶここの名物です笑

おっちゃん、ごちそうさま!

 

こうした名店もあれば…

 

f:id:zeroonecurry:20170326080212j:image

 

駅前ではこうした屋台グルメも楽しめたり…

 

f:id:zeroonecurry:20170326080411j:image

 

これも屋台メシのひとつ。

エッグドーサを、あんちゃんが手際よく焼いてくれます。

ドーサとは、豆と米のペーストから作る、発酵生地のクレープのこと。

ここのエッグドーサはリクシャーの運ちゃんが群がるほどの絶品。

屋台メシも侮れません!

 

f:id:zeroonecurry:20170326080855j:image

↑こちらが、スタンダードなプレーンドーサ。

ひょっと入った安食堂でも、こんなクオリティのドーサが出て来ます。

サクモチ食感で、焼き加減バッチリ!

 

f:id:zeroonecurry:20170326081539j:image

メドゥ・ワダ(豆のペーストから作る生地をドーナツ状に揚げた軽食)も旨し!

朝食や小腹が空いた時にぴったり。

 

こうした地域密着型のグルメと出会えるのが、エルナクラムのいいところ。

 

フォートコーチンにステイするなら、是非足を伸ばしてみて下さい!

 

次回は、フォートコーチンを離れて次なる街へ!

旅はまだまだ続きます。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼロワンカレー南インド研修〜南インド編③

↓↓前回記事↓↓

http://zeroonecurry.hatenablog.com/entry/2017/03/23/141216

 

今回も引き続きケララコーチンのグルメをご紹介。

 

f:id:zeroonecurry:20170324163131j:image

まずはこちらの超豪華タンドゥーリプレートをご覧下さい。

右側がパニール(インド式カッテージチーズ)のティッカで、左側はなんとマグロ!

それぞれコンチネンタルなソースで頂きます。美味い!

 

f:id:zeroonecurry:20170324164517j:image

 

 実はここ、オールドハーバーというかなりお高めなヘリテージホテルのレストラン。

ゼロワンカレー店主まるちゃんが、1ヶ月間厨房に入ったことのあるホテルでもあります。

値段も相応にお高めですが、味は折り紙つき!

リーズナブルな宿にステイして、高級ホテルのレストランでディナーというのも、リゾート気分が味わえて乙なものです。

f:id:zeroonecurry:20170324165059j:image

あと、ここはデザートが絶品!

これは「カルダモンパンナコッタ〜バジルソース添え」

異色の組み合わせなのに、ベストマッチな風味!

食感、甘さ共にインド製スイーツとは思えないくらい秀逸です。

 

f:id:zeroonecurry:20170324164959j:image

このレストランのロングランスイーツの「プリンセスチョコレート」

溶けても溶け出さないくらい濃厚に練られたチョコレートアイスは、半解凍な状態でサーブされます。

日本でもなかなか味わえないくらい超濃厚なチョコアイス!最高です。

 

高級レストランでも、スターターからデザートまで、ここまで力を入れているレストランは稀。

インドの旅のひとときの贅沢にはうってつけです。

 

ひとときの贅沢といえば、こちらも。

f:id:zeroonecurry:20170324171432j:image

一見なんだか分かりませんが、実はここkashi art cafeというカフェレストラン!

本格的なコーヒーも飲め、サンドイッチなどの軽食メニューも充実。

Wi-Fiも繋がるので、ダラダラ居れます。

コーヒーやチャイもいいけど…

f:id:zeroonecurry:20170324172458j:image

疲れた時はこのフレッシュライムジュースがオススメ(画像は違う店ですが)

新鮮な搾りたてライムのソーダ割りというシンプルな飲み物で、水分&塩分補給にはもってこい!

注文時に「Little sugar and salt ! 」(砂糖と塩を少しね!)というのを忘れずに。

 

続いては、フォートコーチンから少し離れたところにある繁華街、エルナクラムの激ウマご飯を紹介します。

 

まずはこちら 。

 

f:id:zeroonecurry:20170324174558j:image

 

ザ・ベジミールス

南インドのご飯といえば、このミールスを思い浮かべる人も多いと思います。

ご覧の通り、ご飯を中心にいろんなベジの惣菜が載っているので…

 

f:id:zeroonecurry:20170324175448j:image

味を混ぜながら、こんな風に手で食べます!

ミールスはとにかくご飯が中心!

どれだけの量お米を食べれるかが勝負とも言えます笑

f:id:zeroonecurry:20170324175756j:image

レストランはこちら。BTHサロヴァラム!

ベジ専門のレストランを有するリゾートホテルで、南インドだけでなく北インドのベジメニューも網羅している徹底ぶり!

1ランク上のミールスが食べれますよ!

 

ミールスについてはちょっと長くなりそうなので、また別の記事にまとめます苦笑

 

南インドケララ編、まだまだ続きます!

お楽しみに!

 

ゼロワンカレー南インド研修〜南インド編②

↓↓前回記事はこちら↓↓

http://zeroonecurry.hatenablog.com/entry/2017/03/21/161710

 

フォートコーチンのグルメ!

今回もバシバシ紹介していきます!

 

お次はこちら、

f:id:zeroonecurry:20170321162430j:image

レインツリー・レストラン!

画像の通り、中〜高級ホテルの一階にあるレストランで、バススタンドの付近にあるのですぐわかるはず。

 

ここのウリは、リッチでハイクオリティなケララ料理!

フォートコーチンは、場所柄どうしてもトラッドな料理にありつきにくいので、こういうお店はありがたい存在。

 

f:id:zeroonecurry:20170321162635j:image

マラバール・フィッシュカレー

マラバールとは、ケララ州全土に南北に伸びるマラバール海岸、もしくはその周辺であるマラバール地方を指す言葉。

マラバール=胡椒

という意味なので、ケララは有史間も無い頃からのスパイスの産地であったことが伺えます。

 

f:id:zeroonecurry:20170323132312j:image

 

ベジのマサラもケララスタイル。

カレーリーフとココナッツの風味が効いてます。

 

これらの料理に共通しているのは、どちらも最小限のスパイスしか使わず、ココナッツや素材の風味を生かしているということ。

スパイスの産地であるが故に、スパイス使いは最小限で良いという考え方は凄く勉強になります。

 

f:id:zeroonecurry:20170323132722j:image

 

一方でこちらはスパイシーな一皿、マトンペッパーフライ・ドライ!

フライと言っても揚げ物じゃありません。スパイスやフライドオニオンと一緒にドライに炒めたマトン。

ビールに合う!

 

しかーし…

 

f:id:zeroonecurry:20170323133041j:image

 

↑これ…なんだと思います?

カプチーノじゃないですよ笑

実はこれ、ビール…。ケララ州では最近飲酒やお酒の販売の法律がめちゃ厳しくなったため、おおっぴらにビールを飲むことが出来なくなりました。

なので、酒類販売無許可の店ではこうしてティーポットとマグで出てきます苦笑

まあでも、ビールはビール!一応ちゃんと冷えてます!美味い!

 

中級だけじゃない!

安食堂もレベルが高いぞフォートコーチン

f:id:zeroonecurry:20170323134657j:image

店主の一押し!ラッキースター・ホテル!

インドでは、ホテルというと食堂のことを指すことが多く、宿泊施設ではないので注意。

 

f:id:zeroonecurry:20170323135555j:image

おなじみパラタと、ビーフマサラ!

インドなのにビーフ??と思う方もいるかもしれませんが、ここケララ州はカトリック・クリスチャンの多い州。

なので、ビーフ系の料理が充実していて美味いんです!

ここのビーフマサラは、骨つきの牛肉をスジがトロッとなるまで煮込んであり美味い!

 f:id:zeroonecurry:20170323135918j:image

エッグマサラ。具材は固茹で卵だけというシンプルな料理。でもここのはたっぷり入った玉ねぎの甘味が効いててこれも美味い!

 

f:id:zeroonecurry:20170323135447j:image

こちらはランチ時の写真。

手前がパラタで、奥のカレーはフィッシュ。コカムという燻した実のスパイスの酸味が効いてます。

その横の白い筒状のものは、プットゥ!

米粉とココナッツを筒に入れて、高温蒸気で蒸し上げたケララの軽食メニュー!

ホロホロ、モチモチの食感で、フィッシュカレーとよく合う!

ひよこ豆のマサラとセットで出ることも多いです。

 

f:id:zeroonecurry:20170323140629j:image

 

ビーフビリヤニ

こういうケララスタイルのビリヤニは、日本のインド料理店ではほとんど見かけないと思います。

お米と具材を別々に味付け、調理するのが特徴で、隠し味にみじん切りにしたパイナップルなんかも使います。

本家ムスリム式のビリヤニと比べて、あっさりしている点がグッド!

パクパク食べれます。

 

フォートコーチンのグルメ、実はまだまだ紹介しきれてません!苦笑

 

次回はリッチ系のホテルグルメと、フォートコーチン近郊の中心街エルナクラムの激ウマレストランをご紹介。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

ゼロワンカレー南インド研修〜南インド編①

↓↓前回のマレーシア編はこちら↓↓

http://zeroonecurry.hatenablog.com/entry/2017/03/13/145028

 

f:id:zeroonecurry:20170321152818j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170320173359j:image

 

ケララコーチンに到着!

ゼロワン店主まるちゃんは毎年ケララにステイしているので、今年も戻ってきたぞ〜!という感じ。

 

f:id:zeroonecurry:20170320175733j:image

クアラルンプールから約4時間のフライトを経て…

 

f:id:zeroonecurry:20170320175622j:image

 

コーチン空港に到着!この素朴な感じ!笑

しかも現在、国際線用の新ターミナルも着々と建設中! 

 実は、南インドにアクセスする場合は関西国際空港から就航しているエアアジアを利用するのが便利。

http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

 

クアラルンプール経由で、直にコーチンやチェンナイ、マドゥライなどに行くことが出来、スピーディでオススメです。

 

空港からプリペイドタクシー(チケットカウンターで前払いするタイプのタクシー。ボラれる心配がないのでこれを利用すべし)を利用し、フォートコーチンへ。

 

f:id:zeroonecurry:20170320185517j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170320185523j:image

フォート=城塞

という地名が示す通り、ここはイギリス植民地時代の城塞都市で、現在もその面影が残る街。

インドのイメージと違う!と思う方も多いと思います。

実際、コーチンの中心街エルナクラムと比べてもゴミゴミしておらず、ステイするなら断然こちらがオススメ!

ただし駅や主要バススタンドからはそこそこ離れているので、次の移動が控えている場合は要注意。(フォートコーチンから主要駅までは、ローカルバスで30〜40分くらい。)

 

そして、何と言ってもフォートコーチンの魅力は…

 

f:id:zeroonecurry:20170320191138j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170320191147j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170320191751j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170320230743j:image

 

 f:id:zeroonecurry:20170321152525j:image

 

やっぱりグルメ!

 

この日のお昼はここ。

 

f:id:zeroonecurry:20170321152917j:image

 

フォートコーチンいち並ぶ店「ダル・ロティ」!!

 

 f:id:zeroonecurry:20170321152939j:image

外観もオシャレ。

 ここのウリはなんといっても…

 

f:id:zeroonecurry:20170321153231j:image

 

パリパリ、モチモチのこのパラタ!

パラタとは、生地を層状に練り上げ薄く延ばした、言わばインド式デニッシュパン。

マレーシア編でも、「ロティ・チャナイ」という名前で登場したアレです。

しかしここダル・ロティのパラタは一味違い、他店とは比較にならないくらいサックサクのモッチモチ! 

フォートコーチンでは外せないお店のひとつです。

f:id:zeroonecurry:20170321152700j:image

 

カレーはマトン・ドピアザをチョイス。

ド=ダブルの

ピアザ=玉ねぎ

という意味で、あと入れの玉ねぎの食感、甘味が美味いハマり系の味わい。

ほのかに甘みのあるパラタの生地との相性も抜群です。

 

f:id:zeroonecurry:20170321161000j:image

 

ダル・ロティのもう一つの名物がこちら。サクモチのパラタを使ったラップサンドの「カティ・ロール」!

 具材はタンドールで香ばしくローストした、チキンやマトンと野菜。美味いに決まってます。

ポテトローストの入ったベジカティロールや、エッグカティロール選べるので、ベジタリアンな方も楽しめます。

 

フォートコーチンのグルメ!

次回記事でもじゃんじゃん紹介していきます!

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

ゼロワンカレー南インド研修〜マレーシア編⑦

↓↓前回記事↓↓

 

http://zeroonecurry.hatenablog.com/entry/2017/03/13/135705

 

マレーシア編ラスト!

マレーシアの街並みから見えた個人的感想で締めようと思います。 

 

f:id:zeroonecurry:20170313140058j:image

イスラームのモスク

 

f:id:zeroonecurry:20170313140346j:image

 仏舎利塔

 

f:id:zeroonecurry:20170313140456j:image

ご存知ガネーシャヒンドゥーの神様!

 

f:id:zeroonecurry:20170313140627j:image

 

台湾などで見られる、仏教道教の混合寺院

 

上の4つの写真は、全部同じ街の徒歩範囲内のエリアで撮ったものです…!

やはりマレーシアの多様な食文化の大元はここにあるのかと痛感。

 

 f:id:zeroonecurry:20170313141749j:image

 

ビーチ沿いの食堂でお手伝いをするマレー系の女の子。

 

f:id:zeroonecurry:20170313141924j:image

イディアッパンという、米粉の麺を平べったく蒸し上げた南インドの軽食の屋台。インド系のおじさんがテキパキ働く!働く!

 

f:id:zeroonecurry:20170313141440j:image 

こちらはムスリムの人達がのお肉屋さん。「なんの肉?」って聞くと、右のおじさんが「ヤギだよ、ヤギ!」笑

肉屋のあんちゃんは苦笑い笑

 

f:id:zeroonecurry:20170313142318j:image

こちらはTTDIの市場での写真。ムスリムのおばちゃんと中華系のおばちゃんが共にお店を切り盛り!

 

f:id:zeroonecurry:20170313142451j:image

 

ラクサ屋のおっちゃん。

CHLL Tシャツ!

CooooooL!!!

 

f:id:zeroonecurry:20170313142721j:image

 

甘い中国茶を売るおじさん。笑顔が最高!お茶も美味い!!

 

f:id:zeroonecurry:20170313142828j:image

 

お世話になったゲストハウスのオーナーさんとスタッフ!

↓↓こちら↓↓

https://houseofjourney.wordpress.com

(ドミトリー、個室両方あります。スタッフの対応も超丁寧!)

めちゃ快適な宿でした。ありがとう! 

 

f:id:zeroonecurry:20170313143635j:imageご覧の通り、街行く人や出会う人、笑顔がとても多いです。

これだけ多様な宗教、文化が入り乱れてるのに、完全に混ざり合うことなく存在しているのも、お互いの文化を尊重しているおかげなんだと思います。

 

f:id:zeroonecurry:20170313144726j:image

ジョージタウンの各地で見られるウォールアート。)

 

一方で、文化と文化のはじっこの部分がマレーシアナイズされて溶け合っているのも魅力のひとつ。まだまだ掘りきれない部分が多い!泣

 

一週間では足りないマレーシア!

でもこのあとは、南インドの旅が待っている!

 

次回!いよいよ本編の南インド編に突入!マレーシア編が長かった!笑

お楽しみに!

 

ゼロワンカレー南インド研修〜マレーシア編⑥

↓↓前回記事はこちら↓↓

http://zeroonecurry.hatenablog.com/entry/2017/03/11/204839

 

世界遺産とグルメの街、ペナン編後編!

 

まずは料理のほうをじゃんじゃん紹介していこうと思います!

 

f:id:zeroonecurry:20170313131630j:image

まずは中華系から!

屋台飯アラカルト!

 

f:id:zeroonecurry:20170313131554j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170313131519j:image

ペナン島ジョージタウンは本当に中華の屋台だらけ!

インド系やマレー系の屋台と比べても割合は圧倒的です。

 

f:id:zeroonecurry:20170313131946j:image

ほんのりスパイシーな平麺系の焼きそば。モヤシの食感が良い!

 

f:id:zeroonecurry:20170313132736j:image

 

春巻き!

揚げでも生でもなく、軽く焼いた春巻きの皮に、香草や豚挽き肉などの具が包んであります。

たっぷりのパクチーと揚げ玉ねぎの風味がベストマッチ!いくらでもいけます。

 

f:id:zeroonecurry:20170313133205j:image

 

ここでもドライワンタンミーをリクエスト!ハマってます笑

 

f:id:zeroonecurry:20170313133140j:image

 

こちらは汁ありのワンタンミー。こっちもあっさりテイストで美味い!

 

 お次はマレー系!

 

f:id:zeroonecurry:20170313131847j:image

 

ペナンといえばこちら、ペナン式ラクサ!

米粉の丸くてプルモチな麺を使う、酸味と辛味の効いた麺料理です。

見てもわかるとおり、ミントやパクチーがどっさどさ。

 

f:id:zeroonecurry:20170313133843j:image

 

こちらは「My Own Cafe」という専門店のラクサ。

魚介の出汁が効いててコクがあります!

ラクサはどれも、酸味、辛味、甘み、香草の香りなどが複雑に絡み合ってて美味いです。

もっと食べたかった…泣

 

f:id:zeroonecurry:20170313134138j:image

 

マレーシア式カオマンガイの「ナシ・アヤム」!

ナシ=炊いたお米(←お馴染みのキーワード)

アヤム=鶏肉

 

という意味で、東南アジアでひろーく食べられているアジア式チキンライスの亜種です。

こちらは蒸し鶏ではなく、ローストチキンに甘辛タレをかけたバージョン。

アジア式チキンライスの例に漏れず、美味いです。

 

f:id:zeroonecurry:20170313134746j:image

 

マレーシアン焼き鳥ともいうべきサテー!

鶏だけじゃなくビーフもありました。

甘辛…というよりはピーナッツ入りの甘み強めのタレで…美味いんだけど好みは分かれるかも。 

噂によれば甘くないサテーを出す店もあるとかないとか…

 

 

f:id:zeroonecurry:20170313135041j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170313135102j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170313135320j:image

 

番外編。ザ!ムスリム系インド料理!

さすがはムスリムの国だけあって、ビリヤニタンドール系料理、北インド・パキスタン系のカレーなどもめっちゃ美味しい!

 

マレーシアの食は飽きません!

 

今回はグルメに特化した内容過ぎたので、次回は街並みとかもちゃんとアップしますよ笑

お楽しみに!

ゼロワンカレー南インド研修〜マレーシア編⑤

↓↓前回からの続き↓↓

http://zeroonecurry.hatenablog.com/entry/2017/03/10/221731

 

f:id:zeroonecurry:20170311193138j:image

 

ついにペナン島上陸!

クアラルンプール近郊のDr Ismailのバススタンドから高速バスに揺られて6時間弱。

バスは相当遅れて到着したものの、車内は快適で案外ラクでした。

 

f:id:zeroonecurry:20170311194051j:image

 

 今回滞在した街は、ペナン島北部にあるジョージタウン

元はイギリスの植民地で、交易の中心地でもあった街。現在はその街並みが世界遺産に登録されているとのこと。

クアラルンプールに次ぐ第二の都市でもあります。

 

元イギリスの植民地で交易の拠点といえば…

f:id:zeroonecurry:20170311200714j:image

南インドのフォートコーチン

雰囲気がだいぶ似ています。

 

さて、肝心のご飯ですが笑

 

実はこの日は、ペナンに着く前からヒット連発で…

f:id:zeroonecurry:20170311201306j:image

↑屋台村のようですが、実はここ高速のサービスエリア!!

 

f:id:zeroonecurry:20170311201531j:image

 

「スパイスはオリジナルなんだぜ?」

と笑顔のケバブ屋さん

  

f:id:zeroonecurry:20170311201408j:image

 なんとジャックフルーツを捌くおじさんまで。

サービスエリアははっきり言ってグルメ天国!

マレーシアで長距離移動する際は要チェックです。

 

しかし、滞在時間は僅か20分(泣)

 

f:id:zeroonecurry:20170311201903j:image

 

f:id:zeroonecurry:20170311201909j:image

 

結局買えたのはこの二つだけだったのですが、これが両方とも超劇ウマ!

 

上は先程のおじさんのケバブ。オリジナルのケイジャンスパイスと香ばしくグリルされた肉の風味が最高!

 

下はマレーシア伝統の軽食で、「レマン」という料理。

もち米(タイ料理のカオニャオに近いもの)を、ココナッツと共に竹の皮で包んで蒸し上げたもの。

チキンの入った、甘辛い濃いペーストと、台湾などで肉鬆(ロウソン)と呼ばれる肉でんぶと一緒に食べます。

ココナッツの風味と甘辛味が合う、合う!

 

そんなこんなで、充実ながらバタバタなお昼ご飯だったので、ディナーはがっつり…

 

f:id:zeroonecurry:20170311203058j:image

 

 f:id:zeroonecurry:20170311203121j:image

 

インド系マレーシア人達が発展させた、激ウマインドマレーシアンフードの「ナシ・カンダール」

 

ナシ=(炊いた)ごはん

カンダール=天秤棒

 

と言う意味で、元は棒手振り屋台の如く天秤棒を担いでインド人が売り歩いたご飯と言う意味。

 

上記写真のように、色んな汁物(カレー)やおかずがあるので、それらを自由にチョイスして…

 

f:id:zeroonecurry:20170311203529j:image

 

こんな風にご飯にぶっかけて食べます!

マレー料理にはない、インドらしいスパイシーさ!美味い!!

(※実はこれ、南インドにはあまり無いスタイル。カトゥリという器に個別に盛ったり、バナナの葉上に別個に盛り付けるので。むしろスリランカのスタイルに似ています。)

 

f:id:zeroonecurry:20170311203946j:image

 

ナシカンダール屋の軒先で、何やら美味そうなものを焼くおじさんを発見。

 

f:id:zeroonecurry:20170311204250j:image

 

「 エッグ・ムルタバ」!

パロタもとい、ロティ・チャナイの生地で、マサラ入りオムレツを包み焼いたもの。

ムルタバと言えば、元々はパキスタンなどで食べられる具入りのロティのようなものなので、ムスリム系の料理なんだと思います。

 

甘みのあるモチモチのロティとスパイシーな卵!不味いわけがない!

 

初日から順調なペナン島食べ歩きの旅ですが、美味しいものはまだまだあります!

次回、ペナン編第2弾をお楽しみに!