笑顔でナヒーン!〜ゼロワンカレーオフィシャルBLOG

大阪市中央区谷町4丁目にある南インド料理店ゼロワンカレー。旅の記録とかインド料理についてとか営業に関するお知らせとか。

タイ・バンコクの超超高級インド料理店ガガン〜ラスト!

ガガンのお料理。あと10品くらい続くんです。

25品はブログで紹介するのも一苦労!

 

 f:id:zeroonecurry:20180224222937j:image

 もはや見た目じゃ何が何やら…

 

その名もRAW CURRY(生のカレー)!

薄ーいココナッツの飴細工のお皿に、マサラのソースとココナッツのアイスクリーム。

料理自体が甘口なので、お皿に敷き詰めてある岩塩をパラリとすると美味いです。

 

f:id:zeroonecurry:20180224223620j:image

あっ!インド料理きた!笑

 

 

料理店は、plawn balchao。ゴアの海老カレーの代表格!

ガガン流のbalchaoは、ゴアの味わいが詰まったソースでいただくタンドゥーリプラウン。

インド然としたものが出てくると、少しホッとします笑

 

f:id:zeroonecurry:20180224224442j:image

※お皿は食べられません

 

メニュー中の、イギリス国旗のアイコンに対応するこれはRETURN OF THE CTMという料理。肉料理を再構築したような味わい…なんだけど、説明も少なく詳細は不明。

だれか教えてください泣

 

f:id:zeroonecurry:20180224225349j:image

 インスタ泣かせな一品

 

 

黒っ!なんじゃこら!笑

お皿も料理もぜーんぶ真っ黒。その正体は、炭を練りこんだ衣の、枝豆と椎茸のカトゥレット。炭は備長炭なのかどうなのか。

 

f:id:zeroonecurry:20180224225745j:image

 

f:id:zeroonecurry:20180224225648j:image

ミーン・ポリチャットゥ!?

 

 

バナナの葉包み焼きキター!

あけると広がる南インドケララの香り!キングクラブを贅沢に使い、さらにバスマティライスと一緒に包み焼き!美味いっ!

コースの〆となる、懐石料理でいうところのお食事にあたる料理。

次からはフィニッシュに向けてのデザート4連発!

 

 

f:id:zeroonecurry:20180224230339j:image

インド感あふれるカラーリング!

 

薔薇を象った一品目のデザート。花びらの素材は、なんとビーツ!

 

f:id:zeroonecurry:20180224230647j:image

 これまた良い器!

 

 

 ホワイトチョコの蝶の細工が美しい!

インドスイーツのクッキーの上に、パイナップルチャトニとローズのソース。

パティシエ歴10年の嫁はんも納得のデザート!

 

f:id:zeroonecurry:20180224231047j:image

曲げわっぱ…?

 

日本の折り紙を象った、緑の器ごといただくキャラメルのデザート。

緑の器の素材は…嫁にも分からず…!

 

f:id:zeroonecurry:20180224231344j:image

太極図!

 

そしてこれが、 正真正銘最後の一品!

インヤン・コーヒー&セサミアイスクリーム!

陰極がコーヒー味。陽極がゴマのアイスクリーム。ありそうでない組み合わせ!

 

貴重なお料理の数々、本当にご馳走さまでした!

 

総評→やはり世界最先端のインド料理店の肩書きは伊達ではなく、どのお皿も香りのメリハリがビシッとしていて、南インド南インドの、東インド東インドの、タイ料理はタイ料理の香りが一口に凝縮されています。

あえて言うなら、各料理がほんとに一口ずつの量なので、お酒を飲まない人には少ししんどいと思います。(下戸の嫁はやや物足りなさげでした。)

和食のコースみたく、途中でお食事というチョイスも出来たらいいのに。

 

こんなに日本好きなら、いっそ日本に来ちゃいなよ、ガガンさん!笑

 

 

www.zerooneyome.hatenablog.com

嫁ブログも絶賛更新中!